かんまるのマイペースな投資生活

主に貯金や投資について書いています

小3自閉症「始業式に出たい!」

みなさま、おはようございます(^^♪

 

今日は8歳の息子について書きたいと思います。

 

1歳10ヶ月検診のときに言語でひっかかり、病院で診察してもらったところ、自閉症スペクトラム障害だと判明。都内の医療センターに転院して、2ケ月に1回受診することに。ここには引っ越しをする直前までお世話になりました。

 

3歳から公文式を始めてとにかく「こくご」のプリントを徹底的にやりました。最初は「れいぞうこ」と発音するのも難しくて、時間をかけながら教えました。同時並行でやっていた「さんすう」のほうは大の得意で、さくさく進みました。

 

療育のリタリコジュニアさんに通いながら、年少から幼稚園に入れましたが、集団行動が苦手なのでまったく通うことができませんでした。3年間、運動会に出られず。でも唯一の救いは音楽会で木琴を叩いていたことです。自ら立候補したそうです。

 

小学2年生までは普通学級で過ごしましたが、担任の先生があまり自閉症スペクトラム障害について理解がない方だったので、次第に足が遠のきました。息子に「何か嫌なことがあったの?」と聞いても答えず。息子は不登校を繰り返すことに。

 

わたしが乳がんになったのをきっかけに埼玉から九州に帰ることになり、息子は小学校の特別支援学級に通うことになりました。「息子さんにとって、学校が楽しいところである、とそのうちわかってくれたら幸いです」と先生が言ってくれました。

 

特別支援学級は勉強を教えるところではないので、進学塾にも通わせています。息子はとにかく理科が好きなので、オンライン授業中に先生が「じゃあ、今度は理科やろうか?」と言ったら、何度もうなずいています。特に植物が大好きですね。

 

息子は夏休みのあいだ、コロナと大雨の影響でほぼ家にひきこもっていました。なので「27日、始業式があるの。お電話で先生が無理してこなくていいです、って言っていたけどどうする?」と言ったら「ぼく、始業式に出たい!」という元気な返事が!

 

よ、ようやく学校に行きたいという欲求がわいてきたようです。脱・ひきこもり!ただお熱だけ心配なんです。7月はお熱が出て何度も休んだので。(でも午後になると熱が下がる)今日は平熱だといいな。

 

小3の思い出、後から振り返ったら良いこと、楽しいことばかりだった、って思えたらいいな。畑に植えてあるイモがぐんぐん成長しているので、イモ掘りが楽しみです。運動会は残念だけど、今年もないんだろうな・・・。

 

って、過去を振り返りながら書いていたら1000文字を突破してしまいました。ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^♪

 

みなさまにとって、良い1日になりますように。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村